売りたい

へいせいのふどうさん TOP > 売りたい > 仲介・買取売却のメリットとデメリット

仲介・買取売却のメリットとデメリット

  1. 売却代金を得ることができる。
  2. 不動産を維持する費用・手間がかからなくなる。
  3. ローンを完済するなどして精神的に身軽になれる。
  4. 売却代金を元手にライフプランに合わせて次の不動産を購入・投資・老後の備えなどを検討できる。
  5. ITの普及、補助金などの整備、リフォーム技術の向上などにより、短期で高く売りやすい社会環境にある。
  6. 一般的に、賃貸に比べるとリスク(空室など)は低いといえる。
  7. 現金化により遺産分割がしやすくなる。

  1. 資産を失う。
  2. 受け継いだ不動産の場合、感傷的になってしまうことも。
  3. 税金等の諸費用がかかる。

  1. 相場価格を目安に売却できる。買取りよりも高く売れる。
  1. 成約までに時間がかかる可能性がある。
  2. インターネットや広告チラシによる売却活動を行うのでご近所に知られてしまう可能性が高い。
  3. 売却価格は最後まで確定しない(交渉により変動する可能性がある)。

  1. 不動産会社やハウスメーカーが買主として決定しているので即現金化できる。
  2. 仲介手数料がかからない。
  3. お客様(売主)と買取り業者(買主)との直接のやり取りなので、ご近所に知られることなく売却が可能。
  1. 買取り価格は相場より(仲介による売却より)安い金額となってしまう。

  • 新着情報
  • スタッフブログ
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
へいせいのCMはこっちだよ